=海外挙式を叶えるまで=

my roman wedding note

【リージェンシーグループ】②

引き続き

【リージェンシーグループ】さまの紹介です*

(前回の記事は【リージェンシーグループ】① - =Roman Wedding Note=

 

リージェンシーさまはヨーロッパ挙式に特化したP会社と言えど

対応は挙式のみで終わることはなく

挙式後のハネムーンなどの旅行に含めてトータルプロデュースしてくださいます!

 

というのも、リージェンシーさまは元々は旅行会社だったようです。

そのため、旅行のプロデュースも当然、得意としています。

ネムーンは他の旅行会社へ~、ということがないので

最初から最後まで、自分の担当プランナーさんにお願い、相談することが可能です。

 

つまり、挙式P会社と旅行代理店の2店舗に申し込みをする必要もないし

契約後のやり取りや連絡もスムーズに行うことができるのです。

また、見積もりも、

挙式だけでなく、出発から帰国まで、旅行中すべての行程を含んだ状態で算出してくれます。

P会社で出した見積もりと、旅行会社でつくった見積もりの2枚を合わせて見比べる必要がないのは

私は個人的に見やすいし、わかりやすくて良かったです。

 

ただ……

私が引っかかった点としては

<融通がきかない>

ということでした。

私が「イタリアにはたくさん教会があるし、フランスにも古城は他にもあると思うが

こちらに掲載されていない会場はオーガナイズしていただけるか?」と聞いたところ

バッサリと「例外は受け付けません」「こちらが用意しているもの以外のことは対応できかねます」

とお答えいただきました💦

ある意味、清々しくて良かったです笑

(依頼を諦める決め手となったので……。)

 

つまり、

クライアントの要望や理想に可能な限り答える、近い状態を手配する

とは謳っていますが、

それがあらかじめ用意されたものでない場合は引き受けてくださらないようでした……。

(担当スタッフの方の温度感などはあると思います。)

もちろん、対応できない場合は代替案を提示してもらえます。

でもそれはあくまでも私の理想ではなく、他者が用意したものであって

私が求めているものとは違うもの。

それに、なんだかんだ決められた型の中での選択になってしまいます。

 

でも、だからこそ良いことはあって

例外はなく、起こりうることは自分たちが用意したものの範囲内なので

共有されるべき情報や伝達事項はきちんと伝わるし、

どのスタッフも内容を理解していて、責任もって対応できるのです。

そういう意味では安心して任せることができると思います。

 

価格帯としては、

初めて相談に行って出してもらった見積もりの段階で、ちょっと高めに感じました。

割とシンプルにプランを組んでもらったのですが、

それでも後から他社の見積もりと比較して、倍近くの予算になっていました。

 

ではオプションが他社より低価格に設定されているかと言ったらそうでもないので

そこにいろいろと希望を加えていったり、グレードを上げていったとしたら

かなりの予算オーバーになってしまうかと思います。

 

その点について、私が相談会に行った時に担当してくださったプランナーの方からは

『リージェンシーグループは元々”ラグジュアリートラベル”という

上質で贅沢な旅を提案するスタイルをとっている会社で

せっかくのヨーロッパ旅行(or挙式)を型にはまったものでなく

旅行者の希望に沿ったなかで最高のものを提供することにこだわった結果。

それなりの予算にはなっているかも知れないけれど、

希望通りではあるので、最低でもこれくらいはかかってしまう。』

こんな回答をいただきました。

 

個人的には些細なことだけれども、最後の言い回しが気にかかりました……💦

かなり強気ではあるけれど、それだけ品質には自信があるのだと思います。

たしかに、一番お話をしていて説得力や安心感をもてたし

いろいろとイメージしやすい、充実した相談会になりました。

 

スタッフはみんなヨーロッパを熟知しているし

出発から帰国まで、すべて一貫してサポートしてくださるので

ヨーロッパ挙式ということ以外はまだ何も決まってない人にはオススメです。

安心してすべてを任せられると思います。

 

☆向いている人☆

・上質な挙式やハネムーンを希望している人

・予算の優先度が低い人

・こだわりが強すぎない人

 

~*~*~*~

ときどきigと被ったり、被らなかったり……

フランク&カジュアルに更新中。

chihiro s (@c5pink.wed) • Instagram photos and videos